ドリームの日記

社会の荒波に負けた。

文庫化まじでありがとう 三津田信三『怪談のテープ起こし』読みました

わたし三津田信三さん大好きなんですけどね、そのきっかけがこの『怪談のテープ起こし』なんですよ。いや、先日はじめて読んだんですけど。

あの~なんかおもしろいホラーないかなと思って探してたときに、この本みつけまして。『怪談のテープ起こし』って絶対おもしろいじゃん。そんなん、どう転んだっておもしろい設定じゃん怪談のテープ起こすとかさ!!!

ってなったんですけどね、単行本しかなかったので文庫待とうと思って。なぜならわたしの読書時間は電車内だから。単行本重いからね。で、そのとき文庫で置いてあった『七人の鬼ごっこ』買って帰りまして、そしたらおもしろかったんだぁ。ホラーとミステリが両立するってのを初めて知ったので!!! で、ほかの文庫買いながら三津田ワールド楽しんでたんですけど、先日!!!!! 『怪談のテープ起こし』文庫化ってTwitterで見まして!!!

もう職場でステップ踏んだよね。よろこび~~~~~~~~

 

三津田信三さんは小説家になる前は書籍の編集をやっていた方で、その時代に集めた怪異の話を本にしましたみたいなメタな感じのやつ(たぶん本当の話もある)が多いんですけど、今回もそんなのと、小説家になってからの話も混ぜながらつくった短編集です!!!

 

で、表題のとおりテープ起こしの話があるんですよね。やっぱりわたしはそれが一番好きだった。「死人のテープ起こし」ってやつなんですけど。三津田さんが編集者時代の話で、自殺した人が直前にテープに声を吹き込んでるのを集めてそれを起こして雑誌に載せるっていう。どんな神経してたらそんな企画思いつくんだ? 大丈夫? 人とか殺してない?

そういうテープを何本も何本も聞いてたらやっぱりおかしくなってくんのかな。いろいろ解決してないし怖かったです「死人のテープ起こし」! すき~~~~~!

 

あとは、「すれちがうもの」も怖かったですね! 女の人が出勤するときに踏み切りを待ってたら、向こう側に黒い人影が見えたのに、電車通り過ぎたらいなくなってる。次の日、踏み切りのこちら側でその人影とぶつかりそうになり咄嗟に避ける。慌てて振り向いたら人影はない。さらに数日後、踏み切りのかなり手前ですれ違う。二度見したら人影はない。

そんな風に、絶対に人間じゃない謎の人影が、だんだん女性のマンションに近付いてくる話。マンションの中まで来ちゃったときの怖さよ!!!! でもなんでその影が自分のところに来るのかわからず、全然対処もできない。自分だったらどうしようと想像して怖かった。どうしようもないもんね。結局どうなるのかはぜひ読んでくれ。

 

あと、怖さ的にはそうでもなかったけど「集まった四人」もおもしろかったですねーーー!!! 先輩に誘われて登山に行ったら先輩が急用で来れなくなり、同じように先輩に誘われてたまったく知らん3人と合流し4人で登山する話。寄せ集めの4人。先輩から「別のルートを見つけた。全員分の石を用意しておく」っていう意味わからんメッセージがあり、その脇道を見つけたあたりから段々様子がおかしくなっていく。山はね~~~良いよねホラーとの相性が。個人的に海より山の怖い話のほうが好き。

 

そんな、いろんな話が入ってる短編集なんですけど、実はつながりがあって・・・みたいなね。

一個、雨の日に聞いちゃいけない話ってのがあったんだけど、読んだときゴリゴリに雨降ってたので倍怖い思いできて楽しかった。読み終わった後、風呂に入るのがこえーんだ。最高か?

最後の「もあぢろびぢうぢなまばぢま、づめねぢぬんねがう」の謎に関してはまったくわからないです。考察ブログとか探してみたけど、誰も書いてなかった。知りたいような、知りたくないような、でも知りた~~~~~~~~~い!!! そんで「聞かなきゃ良かった!!!!! 怖い!!!!!」ってなりたい。誰か謎解けた人がいたらわたしにも教えてね。

怪談のテープ起こし (集英社文庫)

怪談のテープ起こし (集英社文庫)

 

装丁もめっちゃオシャレ!

 

怪談バーがすげえ楽しかったのでみんな一緒に行こう

先日、怪談バーに行ったんです。怪談師さんが、怪談を聞かせてくれるバー。怪談が大好きな地元の友だちと2人で予約して行ってきました。

行ったのは新宿店です。ロボットレストランこえて、ホストクラブが入ってるビルの2階。開店が19時だったんで、もう19時に予約していきました。なんか駅から徒歩8分! みたいなのがどっかに書いてあったけど、新宿の人の多さの中スタスタ歩けないし余裕みて行ったほうが良い。わたしたちは5分ほど遅刻した。

thriller-tokyo.com

 

これホームページ見てもらえればわかると思うんですけど、店内はなんか怖い雰囲気のお人形とか置いてあったり、いろいろ凝ってるんですよね。でもね、流れてる音楽は あいみょんなの。お店入ったらあいみょん流れてて、一緒にいた友だちと「世界観どうなってんだよ」って愕然とした。

「なんで?」「いやわかんない」「怪談師さんが来るまでは普通のバーってこと?」「内装はやばいけどね」「じゃあなんで?」「いやわかんない」みたいな会話をループしてました。

 

それでね、座った席がね、怪談師さんが来るところのド正面だったの!!! 怪談師さんが来るところは椅子とマイクが置いてあるんですよ。その、ド正面!!! 向かい合う形に!!! 嬉しい!!!

普通2人で入ったら、机を挟んで向かい合って座ると思うんですけど、怪談バーは怪談を聞くバーなので2人とも怪談師さんのほうを向いて座るスタイル。カウンター以外の場所で横に並んで酒飲むなんてことないから少しおもしろかった。

 

開店と同時に入って、ほかのお客さんは1組だけでした。男性2人の。怪談師さんは、1時間に1回、およそ15分の怪談を話しに登場します。それまでは普通に酒飲んで話してるんですけど、男性2人組がアニメ『オーバーロード』の話をしてたんで、めちゃくちゃ混ざりたかった。

出る頃にはほかにも人が入ってたので、19時に行って正解でした。近くで怪談聞きたいもんね。

 

怪談が始まる少し前に、店員さんから「怪談中はお喋り禁止です」とか「トイレ行けないしお酒も頼めないからそこんところ今のうちにな!」みたいな注意があるんですけど、その際に「2人はどういうお友だちなんですか?」とか雑談も入って、「あー、幼馴染でぇ、出身が北海道なんですけどぉ」みたいな受け答えしたら「あ、俺も北海道なんすよ」とかなったので北海道トークすんのかなと思ったら「まじで北海道帰りたくないすか? 俺今すっげえ帰りたいんす」だけ言って去って行って笑った。ホームシックの男の子が働いている怪談バー。

 

そんで真っ暗になってさ!! いよ! いよ! 登場するわけですよ! 今回の怪談師さんはりょう吉さんという方でした。なんか怪談始めて1年? とか言ってたけど、ふつ~~~に怖かったんだが!!! 満&足!!!

 

パッと怪談師さんの座る椅子にスポットライトあたってさ、りょう吉さんが言うわけですよ。「みなさ~~~~~ん! 怪談は好きですか~~~~~????」

思わず「いえええええええええええい!!!」って言いそうになって、そういえば喋っちゃダメ言われたなと思ってコクコクうなづいたのだけど、ああいう呼びかけには答えていいの? そういうマナー的なの知りたい。

マナー的なの知りたいといえば、あれって喋り終わったあと拍手とかしていいの? 普通にしようとしたらシーーーーーーーーンしてたのでやめておいたんだけど、本来どうなの? 知りたい! 調べてから行けばよかった。

 

でさ~わたし怪談って初めて聞いたんですけど、すごいねえ。本当に怖いもんねえ。抑揚がさ、すごいよね。早口になったらさ、こっちも引き込まれてるからハラハラするしさ、声の大きさとかさ、もうすごいしか言えん。すごい。楽しかった~~~~~~~あ~~~~~~楽しかった~~~~~~~~ あと怪談師さんの目の前の席まじで最高でした。いっちばん良い席に座らせてもらっちゃった。ウレピーーーーーーー 思わず「うわっ!」って声が出たりしました。あー怖かった。

 

あの話をわたしが誰かにしたところで一個も怖くないんだよ。あの人が喋るから怖いんだよなあ。帰り道で友だちと「この話を聞いて感じた怖さを誰かに伝えたいのに、自分で喋っても一個も伝わらないのが悔しい」って2人で少し悲しい気持ちになった。

 

最初は2時間くらいいて、2回怪談を聞こうと思っていたのだけど、15分と思えないくらい満足したのと、1回の怪談とても大切に帰りたかったので1時間でやめておきました。また絶対に行く!!! みんな行こう! もうみんなで行こう! ヤーーーーーーーーーーー!!!!!

 

気になってる方はインスタとかあるので見てみると良いと思います。フォローしてたらお会計から500円引きにもなります!

www.instagram.com

友だちと2人でフォローして見てみたら、割とポップな投稿が多くて「世界観どうなってんだよ」って笑った。

 

船から落ちるのも大概にしろ 映画『MEG ザ・モンスター』観ました

2018年に公開されたメガロドンが大暴れする映画『MEG ザ・モンスター

DVD出てたんで観てみました。あのー、メガロドンって古代のめちゃくちゃでかいサメです。SAME

いろいろウケたんでネタバレしながら感想言います!!!

 

すげ~~~適当にあらすじ言うと

・なんか海底で救助活動してる

・めっちゃでかい「何か」に襲われてる

・主人公は救助した人たち助けるために仲間を犠牲に脱出する

・3年後(いきなり)

・なんか海の研究してるすごいやつら

・深海に突入したところで「何か」に襲われる

・通信途絶えたけどバイタル反応はなぜか受信できてて生きてることはわかる

・救助行こ!

・でもこんな深海でレスキューできる人なんかいない・・・

・「いや! あいつがいる!」「俺は絶対に反対だ。あいつが何をやったのか忘れたのか?」「お前も含めて11人の命を救った」くうううううう  ってなって、そんな感じで主人公が召集されて深海にレスキューに行くって感じなんですけど、まあ~~~あの、おもしろいところはすげーおもしろいし、良いシーンもあるし、ヒロインの娘のメイインが本物の天使なのに、なぜか「おい、わざとだろ」ってくらい雑なストーリーにしてるんですよ ほんとになんで?

 

例えば、主人公は最初レスキューは二度としないって言ってるんですよ。仲間犠牲にしちゃったしね。なんならそのことクソほど責められてますから。そんなことあるかい! 11人救ってんだぞ!!! ってのは別にいいんですけど、もう二度と救助活動はしないって言ってるのをどうやって連れていくのかな~~~~と思ったら、救助しなきゃいけない人の中に、まさかの元妻いました。

ああ、それは行くよなとそのときは納得したんですよ。そんで無事に救助してさ、いや1人犠牲になりましたが。そのシーンがこの映画の一番の良いシーンでしたが。メガロドンに食べられちゃってね。でっかいんだぁ、サメが。

 

でもまあ元妻ともう1人を助けまして、なぜか主人公の到着を待たずして、レスキュー経験もないのに「わたしが行くわ!」っつって飛び出して案の定ピンチになった女(美人)も助けまして、帰ってきたわけですよ。元妻ともにこやかに会話してね。

と思ったらさ!!!! その意味わかんない美人の女となんかフラグたってんの。あれ????????? でもいいの? 元妻は? なんか「やっぱりあなたが正しかったんだわ」みたいなのなかった? いいの?

と思ってたら元妻ぜんっぜん出てこなくなるでやんの! え? なんで? いいの?

美人に対して主人公の友だちが「元妻のことなら気にすることないぜ」「2人は最悪の夫婦だった。たった1年で離婚」とか言ってたんだけど、なんで離婚したのかは一切語られないし、あんなにこやかに会話してたのに最悪の夫婦とか言われても説得力ねえわ!!! なに? まじでなに?

絶対元妻は主人公が再びレスキューすることの理由のためだけにつくられただろコレ。ざ、雑~~~~~~!!!!! そんでいらなくなったら出てこなくなんのかい!

 

と思ったら最後のほうにまた出てくんの。しかも「スーイン(美人の意味わかんない女)は良い人だと思うわ」とかいきなり言い出すの。ぜんっぜんそんな話してないのに!!! もうさ、まじで都合よく使われてる「元妻」という設定が。理解のある友人枠におさめられた。最悪の夫婦じゃなかったのか? おい?

 

けどまあそんな「は?」という気持ちもスーインの美人さと、スーインの娘のメイインのかわいさで抹殺されるんですけどね。許す。元妻という設定を乱用したこと、許す。

 

けどMEGの雑さ、こんなもんじゃねえんだ。とんでもねえんだ。

 

 最たる雑さが、スーインのお父さんが死ぬシーン。

メガロドンを倒したぞおおおおおお!!! と思ったらもう1匹いましたぁぁぁぁ!!! ってなって、もう1匹のメガロドンに船バッシャーン引っくり返されて、みーんな海に投げ出されたんですよ。そんでスーインのお父さんがなんか怪我? したっぽくて、いやたぶんなんですけど。口からちょっと血が出てて、主人公たちが「これは早く病院に連れていかないと!」とか言ってるんですけど、どこをどう怪我したのかはまったく不明。口から一筋の血。以上。

そんでその後1人くらい死んで、でもなんとか救命ボート見つけて帰ろうとするんです。その帰ってるときに いきなり感動的な音楽流れ出して「???」と思ったらスーインが「パパ! しっかりして!」とか言い出すの。

さっきまでメガロドンに追いかけられてたからこっちはパパのこと忘れてたし、ていうかそんなにヤバイ怪我だったの? まじでどこを怪我したんだよ。

で、パパの顔アップ固定されて、なんか「スーイン、お前に謝らなくては・・・」とか言い出すんですけど、見る見るうちに顔色真っ青になってって笑った。そんなサーーーーーー真っ青になることある? で、何を言うかと思ったら「お前には昔からつらくあたってしまった・・・お前の才能に期待したんだ」みたいな話を始めるんですけど、いや知らん知らん知らん知らん知らん知らん知らん知らん!!!! 初耳!!! はつみみ! しょみみ!!! 初耳(しょみみ)ですその話!!! ぜんっぜんそんな背景知らなかったから「ここで誤解がとけたね! でも死んじゃうなんて!」みたいな心境になれない。「え、そんなことあったの? でも仲良さそうにしてたじゃん?」ってなる。そんで死ぬ。だからなんで死んだんだよ? 口から血出て死んだの?

 

この、「いや知らんし」「思い入れないから全然わからん」みたいなのが頻出するんですよ。例えばメガロドンが人の賑わうビーチに行っちゃうシーンがあるんですけど、そのビーチにいた太った男の子がメガロドンに食われちゃう! みたいな風になって、母親が必死に男の子を探すけど間に合わない・・・・と思ったらメガロドン引き返した~~~~なんとか助かった~~~~!!! 男の子のアップ!!! ってところも、本当に「いや誰だよ」しか言うことがない。

 

あと本当にもう、もう人が船から落ちる。あの~~~主要登場人物がまあまあ多いんですけど、多いわりにあんまり死なないんですよね。いや死なないことは良いことなんですけど。船から落ちた~~~~~!!! こ、これっっっ 絶対にメガロドンくるよ・・・!!!

・・・・・・

・・・?

??????

こない。

 

みたいなのも多い。 こ、こないんか~~~~~い????? なんのために船から落ちたの。で、船あがっていろいろやってるうちに別のやつがまた海に落ちるし、メガロドンに船引っくり返されたりするし、もう1人につき2、3回海に落ちます。落ちるな、学べ。

 

そんでクライマックスのメガロドンとの戦闘シーン。いろんな学びがありました。銃に頼っちゃいけない。信じられるのは己の肉体と銛のみ。

 

もう何回「そんなわけあるかい」ってなったかわからないけど おもしろかったです。今考えるとCGがまったく不自然ないレベルでできあがってたのもウケる。チャチであれよ。

あとウィキペティア見たら、脚本に納得できないからって理由で制作にめちゃくちゃ時間かかってて笑った。それならせめてパパとスーインの背景語ってくれ。あと船から落ちるな。落ちるのは1人につき1回にしろ。あと全員落ちるのもなし。落ちるな、学べ。

MEG ザ・モンスター(字幕版)

MEG ザ・モンスター(字幕版)

 

 

芹沢央さん『悪いものが、来ませんように』読みました

本屋で時間潰さなきゃいけなくてウロウロしてるときに見つけたんですけど、タイトルがもうオシャレじゃないですか? 『悪いものが、来ませんように』。絶対来るじゃん、悪いもの。来ませんようにっつったらもう来るじゃん。なぜなら小説だから。

ということで、あんまりあらすじとか読まないで完璧タイトル買いをしました。

 

あのー、ネタバレとか普通にしますけど、どんでん返し、どんでん返しがあるって明記されてるんですよこの本。ちゃぶ台ひっくり返されますよ~~~って宣告されたうえで席についてるんですこっちは。知ってんだから、ひっくり返されるの。ちょっとやそっとのタイミングじゃビビんないですよねそりゃ。いつひっくり返されても良いように体勢整えてんだから。

 

こりゃすごいの来るぞ~~~~めっちゃ体勢整えてんのに、すげえ隙ついてひっくり返してくるぞ~~~と思ってたら、ただただ普通にひっくり返すから「え、まじで?」っつって普通に対応できちゃったわ。飛んでく湯のみ普通にキャッチできたわ。なんでだよ。どんでん返しって言ってたじゃん。どんでんって何だよ。いやみんな気付いてただろ!!!!! どれだ? どこが「どんでん」だったんだよ!

 

いやおもしろかったよ。「どんでん返しします」さえなけりゃすげえおもしろかった! で終わってたよ。わたしはまずあの構成が好きなんだよ。

主人公たちの事件が起きて、どうしていくのかってのを軸に、事件終わった後の周りの人たちの証言を挟むやつ。証言ではもう完璧に人を殺してるし捕まってもいるけど、どうしてそうなったの~~~!?!?!?!? 早く知りたい知りたい!!! ってなる構成大好きなのよ。

 

だから本当に、いやどんでん返しって何・・・・・・・・

あの、なっちゃんがお母さんってところはさ、あの~~~「ほお!!!」と思いましたよ。でもさ、あれタイミング的にも「どんでん返し」じゃないでしょ? スルーーーーっつって「私の娘」って言ってたじゃん。デパートの婦人服売り場で紗絵が待ってたところで、あーーーこれ親子かって気付いてさ、その数行後に「私の娘」っつって。別に普通のタイミングだったよ。びっくりしたけど、「どんでん」ではない。あとそんなに終盤じゃないし。たぶん別のところが「どんでん」だったんだよ。

 

ちょっと説明すると、話の軸になってる「奈津子(なっちゃん)」と「紗絵」は30歳くらいの同級生のめちゃくちゃ仲良しの友だち同士かと思ってたら、実は奈津子(母)と紗絵(娘)だったっていう叙述トリックのやつだったんですよね。

 

最後のほうで何かあったとすれば、実はなっちゃんが殺してなかったーーーー!!! みたいなのだけど、どんでんはあれだったんか? でもみんな何となくわかってたじゃん。わたしがちゃんと読めてないのか? まだどんでん返しを体験できてないのか? わかんねーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

 

でも本当に「どんでん返しありますよ」さえなければ普通におもしろかったんですよ。鞠絵すき。なっちゃんがまだ母親だとわかってないときに、鞠絵なっちゃんに対する証言でてきて、(えっ鞠絵なっちゃんのことそんな好きだったの? な、泣ける!!!)と思ったら親だったんかーーーーいのところがすげえ良かったです。ねーっ!

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

 

 

ただただ傍迷惑な真理 加門七海『真理 MARI』読みました

加門七海さんの『真理 MARI』読みました。加門さんのホラーは『祝い山』から入ったんですけど、もう最高&最高で、だってあのー、一個も解決しないんですよ、祝い山。リアル!!! なんで怖い目にあわなきゃいけないのかとか、どうやったら大丈夫になるのかとか、一切わからない。現実で怖い目にあったら実際こんな感じなんだろうなってのがすげえ良かったです!!!

 

で、そっから加門さん好きになって何冊か読んでるんですけど、『真理』はね、あのーーーー生霊の話で、あれです、女の生霊がね、旦那の不倫相手呪ってやるぜ的なね、話なんですけど。

主人公はその呪われちゃうやつなんですけど、まあ、不倫してないんですよ。生霊とばしてる女の勘違い。不倫相手だと間違って呪うんです。そんな迷惑な話ある?????? 殴れ。殴れもう。本体を殴れ。

 

もうね、ずーーーーーっと傍迷惑。全然誤解とけない。生霊だけじゃなくてね、ていうか生霊はたぶん意識せずとばしてたやつだと思うんですけど、あのー、普通にマンションに来て「死ね」って手紙ポストに入れたり、非通知でめっちゃ電話かけてきたり嫌がらせするんです、真理が。あ、勘違い女の名前がタイトルの真理なんですよね。

で、生霊のところは結構怖い描写とかあるんですけど、なんかもう真理にムカつき過ぎて全然怖くなかった。怒りは恐怖を凌駕しますよね。わたしは本当に恋愛関係の話が苦手なんだ。なぜなら絶対バカの登場人物がいてムカつくから。お前のことだ真理。

 

そんでとうとう主人公が真理に言うわけですよ。「全部あんたがやったって知ってるんだから!」「あんたの旦那、全然いい男じゃないし不倫なんてしねーよ!」って。いいぞ! そのとおりだ!

そしたら真理、泣いて逃げましたからね。「わたしだって知ってるんだから!」ダッ!!!(走り去る)

 

ダッ!!! じゃねえよ。

 

聞け、おい聞けバカ。ああああああああムカつく~~~~~~~~~

しかも!!!! しかも真理そのまま自殺するっていうね。はあ?

そんでまあ、なんかあのー、主人公の誤解は解けないまま、生霊じゃなくてガチの呪いになってくわけなんですけど、本当に迷惑にもほどがあるだろ。どんどん怖い描写が増えていくんですけどね、もう腹が立って腹が立ってわたしはそれどころではない。終わり方はね、まだ良かったですけどね。あれ、同じく加門七海さんの『203号室』(1人暮らしの家で起きる怖い話)の終わり方に近かったのかなーーー! と思いました。

 

真理はなんか満足げに終わってましたけどね、それすら勘違いだからね!!! バーーーーーカ!!! バーーー!!!! カ!!!!!!!!! 真理!!! おい!! お前だ!!! バーーーーーーーーカ!!!!!

 

人間が怖い系、おばけが怖い系とホラーにも種類があると思いますが、『真理 MARI』はどっちも楽しめる感じでよかったですよ。真理の所業に腹が立たない人におすすめです。腹立つ人も結局楽しめるのでおすすめです。

生霊とばすときは、ちゃんと確固たる自信を持ってからとばさないといけませんね。

 

真理 MARI (光文社文庫)

真理 MARI (光文社文庫)

 

 

久しぶりに“休日”をやった話

普段休日といば夕方に起きてゲームしてアニメみながらマック食って寝る みたいなのをずっとやってるしそれが最高だと思ってるんですけど、先日久しぶりにお手本の休日をやりました。

事の発端はお酒を飲んでいるときに高校時代の友人から「バスケしよーよー!」って連絡が来たことなんですけど。

酔っ払っていたわたしは即「いーよー!」って返したんですよ。「少し朝早いけど良い?」「いーよー!」って。気分良かったんで。

 

次の日起きてその連絡見返してみたら「朝9時10分に○○駅ね!」とか書いてあってゲロ吐くかと思いました。9時て。始業時間より早ええわ。しかもその駅、わたしが住んでるところから1時間もかかるでやんの! 仕事行くより早起きするじゃん。

あと「バスケやろー!」って普通に仲間内でワイワイやるやつかと思ったら、なんか大会とか書いてあって胃袋ひっくり返った。「バスケ辞めて10年以上経つのに大会なんて出れるかーーーーい」と喰い気味で連絡したら「大丈夫www」って言われたんだけどなんで笑ってるのか一個もわからなかった。何が大丈夫なの??????

 

なんか「超初級クラスの大会だから!」とか何のなぐさめにもならない励ましで騙されて死ぬ思いで早起きして行ったら、普通にユニフォームそろえてるチームに囲まれた。全然初級クラスじゃなかったしめっちゃ走ったしひざがガクン・・・! ってなった。あの~漫画でよくあるやつ。試合の終盤でフルで出場してる選手のひざがガクン・・・! ってなるやつ。まあわたしは試合開始1分ほどでガクンなったんですけどね。

 

でもバスケは好きだから楽しかったんですよ。次の日の筋肉痛のことを考えなければとても楽しかった。しかも朝9時10分に集合しただけあって、その大会終わっても13時とか。普段ならまだ寝てる時間ですよ。すごい! 時間ってこうやって使うんだな!!!

わたしが友人の結婚指輪落としたりとか、横断歩道で指輪見つけたりとかいろいろ大変なこともあったんですけど、無事に昼飯も食って、そんで、それからまだ午後が残ってるんですよ! 朝から活動していたから! この時点でわたしの5日分くらいの休日力(きゅうじつりょく)を使っているのに、まだ午後がある! すごい! 1日が56時間くらいになった気分だ!

 

 ってことで友人と風呂行きました。FURO

あのー、「お風呂の王様」っていうところで、だって王様って言われたらさ、すげーじゃん絶対行きたいじゃん。入り口付近で女の子が「おふろの おうさまが あるならさー、おふろの おきさきさまも あるのかなあ?」って言ってる声が聞こえたので わたしは「あるよーーーーーーー!!!!!!!」って言いたいくて振り返ったら親と一緒にいたのでやめました。通報されたら怖いからね。あと別にないと思うし。お風呂のお妃様。

 

風呂楽しかったですよ風呂。友人はコミュニケーションおばけの方なんですけど、風呂で体洗ってる間もずっと目を見て話してくんの。いや、正面の鏡見ながらでいいよ、お互いすっぽんぽんで体洗ってんだし。

1時間半くらい いろんな風呂入ってゆっくりして、なんかミストサウナとか入ってみたり、サウナから出てきて水風呂に入り、またサウナに戻っていく戦士たちを遠くからじっと眺めたり、すげーーーーーーーーー楽しかった。

風呂出てもさ、マッサージやってもらったりビール飲んだりしてさ、お手本の休日。これだけやって、20時とかに解散だよ。まじ? 普段なら集合する時間じゃん!!! 家帰ってからゴリゴリにゲームもできたよ。やること全部やった日だった。

 

次の日はもちろん筋肉痛で寝返りすらうてず、痛みで目を覚ましたわけなんですけど。あとこれ先々週の話で、先週末はその反動か土曜は麻雀、日曜は家から一歩も出ずにゲームしてました。クソ溜の週末だけどめっちゃ良かった。お手本の休日、とても楽しいけど数ヶ月に一回でいいかもな。陰の人間が頻繁に陽の光のもとに出ると塵となって消えてしまうので。

映画『七つの会議』どちゃくそおもしろーーーーーーーーーーー!!!!!

こんにちは! 池井戸潤さん原作の映画『七つの会議』はちゃめちゃにおもしろかったので絶対観てくださーーーーーーーーーーーーーーい!!!! 2月1日公開です!!! 以上です!

 

うっそー! 当たり前にうっそー! めっちゃ感想言いたい!

 

あれ、あのー舞台はゴリゴリの営業会社なんですけど、主人公はあのー、『シン・ゴジラ』でゴジラモーションキャプチャーも務めたことで有名な我らが野村萬斎様でして、まじでやる気ない、会議では常に寝てるっていう八角さんというお方を演じています。

そしてパワハラ万歳、鬼の部長・北川さんを演じているのが昆虫すごいぜ! のカマキリ先生こと香川照之さん。「北川は僕が今求められているキャラクターを一番パターン化したような役」と語っています。つまりそういうことです。最高か?

 

そんな鬼部長が最も信頼しているとされている営業部のエースが、片岡愛之助さん演じる坂戸さん。映画観てて「えっ!? 片岡愛之助氏、こんなにかっこよかったんですか~~~~!? 早く言ってくださいよ~~~~」と完璧キモオタと化した。見た目がただの「美」。くぅ~~~~~~~

 

そんなね、そんな美の坂戸さんが、ある日パワハラで左遷されちゃうんですよ。はあ~~~~~!?!?!? いや、坂戸さんはパワハラしてた。パワハラしてたけど、そもそも部長の北川さんがパワハラ祭りなのにそんなことある~~~~!? ええっ!? しかもパワハラで訴えたの、あの居眠りばかりする八角さん~~~!? 会社が営業エースの坂戸さんより、八角さんの訴えを受け入れた~!? 一体何がどうなってるの~~~~!? って話です。大まかに言えば。

そんで思った以上にヤベエことがあんなことやこんなことになってる話です。絶対観てくれ~~~~頼む~~~~~~~

 

 

そんでこっからはバッチリ ネタバレしながら! しながら! 感想を言いたいと思うんですけど、八角さんと北川さんの関係性、100点~~~~~~~~~!!! ハア、すき。

鬼部長の北川さんがなぜか八角さんの居眠りを見過ごしてる時点で「いやこの2人絶対何かあるやろ」となるけど、ふ、普通に同期として仲良くやってたんかーーーーーーーーーーい!!!!! からの北川、おいてめっ、うら、裏切りやがったな!!!!!! からの、共に過去を乗り越えていくぅぅぅぅぅぅぅぅ!!! あの、あの、あの握手!!!!!! 2人でドーナツ食べてるときのアングル、あの背中だけ映すやつ、あの~・・・最高でした。

 

そんでさ、そんでさ! オリラジの藤森さんね。あのー、映画の公式サイトの藤森さんがまじでかっこいいんですよ。超絶悪い顔してんの。もう観る前から「あー、性根の腐ってる役ですね」ってわかる顔。ドーナツ泥棒ぜって~~~~お前やんけ~~~~って観てる全員思ってたでしょ。だけどまさかまさか不倫の相手がおおおお前とはーーーーーーー!!!! 藤森さん結構いいなと思いました。今後もお芝居やってほしい。

nanakai-movie.jp  藤森さんの悪い顔見て

 

もうさ、もうさ、坂戸さん左遷され、藤森さん演じる新田さんも左遷され、そんで出てくる佐野さんね。絶対こいつも左遷されるよ・・・絶対そうだよ・・・と思って観てたらまーーーーーじで左遷されんの! こっわ 野村萬斎さんの「俺にも~見せてくれねぇか?」のあれ、何? この映画ホラーだったっけ?

 

ていうか野村萬斎さんの「いやそんな喋り方のやついねえだろ」ってのがまじで怖いんだよな。あと「ヒッヒッヒ」って笑うやつもいねえからな。普通に浮いてんだけど、その浮き具合があの~良いんですよね。良いとしか言えなくてもう語彙が死んでるけどさ、何? エモいの? これがエモいってこと?

 

あとさ~~~~八角さんがさ~~~「社長! 約束の日です! 今すぐにでもリコールの発表を!」のところのさ、あの嬉しそうな笑顔、切な過ぎない? 観てるわたしたちはもう気付いてるわけじゃないですか、この社長ぜって~~リコールしねえって。でもその社長を信じてあの笑顔ですよ。これか? これもエモいってことか? じゃあもう野村萬斎が丸々エモいよ。

 

御前会議も良かったですね~~~~~何あのスケール。みんなで野球できるじゃん。そんでさ、次々明らかになるんですよね知りたかったこと! お前か!? エッお前かい! え~~~~~お前か~~~~~~い!!!! ってもう脳内でリアクションが大忙し。そんで徳山! 徳山コラ! コラ!!!!! お前「わたしも真実のみが、知りたい」とか言ってたときはかっこよかったぞ!? やっぱしトップはすげ~~~な~~~格~~~~! って感じだったぞ!? それなのに・・・コラ!!!! もう本当に・・・本当にみんなす~~~~ぐ隠滅する・・・ な~にが「発表するとは、言ってない」じゃ! 八角さんが「発表はいつですか!?」のときにまたあの切ない笑顔してんだから。裏切られる用の笑顔出しちゃってんだよ、切ねえよ~~~あ~~~~~!!!! そんでお前は全部の難を逃れてんのかい! わ、ワル~~~~~~! でもそこがいいですね、七つの会議、そこが好きでした。リアル。全然ハッピーエンドじゃない。

 

全然関係ないですけど、御前会議で八角さんが「ぜひとも・・・!」って言うところ、野村萬斎さんのアイデアらしいですね。良き~~~~~~あのアップのぜひとも、かっこよすぎた~~~~~~~

 

王子こと及川光博さんも最高でしたね。こんな個性のかたまり、もはや怪獣たちの中で唯一の人間、原島万二さん。ねじ六と取引するようになってコストが上がったことを役員会で突っ込まれた後の 「え、僕が許可を出したの?」のところでは普通に「フフッ」って笑いました。浜本さんとのコンビ最高でした~~~~キャワーーーーーーー!!!! キャワでしたね、キャワ。

てか浜本さん役の朝倉あきさん、すげえ良かったですね。恥ずかしながら初めて知ったんですけど、このさ、この大物おばけキャストたちの中でさ、し、自然~~~~~~!!! 自然に浜本さんが存在するんだもん。すげーや!! すき!!

 

でさ、あのね、最後のね、八角さんの独白のところ、ってかその前よ。いやなんで役所広司よ。びっくりしたわ いや本当になんで役所広司? 友情出演? なに? すっごい重要な人出てきますよみたいなカメラワークするから誰かと思ったら役所広司。いや役所広司はすごいけどその役の人物は全然大事な役じゃないんだからそのカメラワークいらねえだろ。役所広司ありきのカメラの動きやんけ。

まあいいや。油断してたらすごいかっこいいおじさん出てきてびっくりしてからの、八角さんの独白ですよ。まあ良いとも悪いとも思わなかったんですけど、すごいあからさまにメッセージ突きつけてきたなと思いました。カット割かっこよかったですね。野村萬斎野村萬斎野村萬斎。からの野村萬斎野村萬斎野村萬斎。そして野村萬斎野村萬斎・・・ずっと野村萬斎ずっとかっこいい。

 

あーーーーー2月1日公開です。絶対観て。わたしも もう一回観に行きますので。そんで一緒に「原島さんと浜本さんキャワーーーーーーーー!!!」って言って酒飲もう。

 

七つの会議 (集英社文庫)

七つの会議 (集英社文庫)