ドリームの日記

社会の荒波に負けた。

わたしのM-1ブームが2008年で終わった

最近アマゾンプライムビデオでずっとM-1を見てました。なぜなら、ただただおもしろいものが見たかったから。先日まではとにかく幸せだけが詰まってる話が見たくて、逃げ恥を見てました。まじで幸せしかなくて良かった。大した波乱がない。そういうのが見たかった。ありがとうガッキー。ありがとう星野源

 

幸せが満たされたので、とにかく声出して笑いたいなと思いM-1に移行。2001年から順番に見ることにしました。2001年のM-1、しょっぱな島田紳助が出てきて「うわっ」って声出た。そっかそっか、島田紳助の企画だったのか。知らなかった。わたしは今までM-1を見たことがない。

 

2001年のM-1、もちろん知ってる人がいっぱい出ていたんだけど、フットボールアワーが「結成2年目」って紹介されててビビった。この人たちにも結成2年目の時期があったんだな。なんか、わたしが幼少の頃からめちゃ売れてるようなイメージだった。

 

あと、麒麟の紹介のときに「ノーマーク」(誰も知らない)みたいなこと言われてて、(え~~~~~! そうなの!? 現在見てるわたしはこの人たちおもしろいって知ってる!!!! わたしは知ってるの!!! 審査員の人たち知らないでしょ! わたしはこの人たちおもしろいの知ってる!)ってなって楽しかった。

M-1、毎年「ノーマーク」と言われる人たち出てくるけど、そのたびにわたしは(今この人たちがおもしろいと知ってるのわたしだけ~~)と楽しんで見れた。タイムスリップした未来人の気分。

 

2001年、麒麟おもしろかったな~。最終決戦いってほしかった。

 

 

2002年は立川談志さんが審査員にいましたね。全然ファンとかじゃないけど、すごい嬉しい気持ちになった。テツandトモと、おぎやはぎを褒めてて良かった。嬉しい。

 

2003年、アンタッチャブルが来ましたね。わたし柴田さんのツッコミが本当に尋常じゃなく上手だと思うので好き。嬉しい。あとリアルキッズのテンポがなんか好きだったので、今どこで見れるんだろう、見に行きたいなと思って調べたら解散してて笑った。

 

そして2004年!!!!! わたしこの年がM-1のピークだと思うんだ。(2008年までしか見てないけど)

2001~2003年までは、「まあ優勝はそのコンビだろうな」って思った。どう考えても一番おもしろかったから。でも、2004年だけは、決勝から最終決戦いくときに(え、3組だけ? 本当に? 5組くらいまでOKにしない? だっておもしろかったもう1本見たい・・・)ってなったもん。

 

2組目でタカアンドトシ出てきてさ、あ~やっぱ漫才うめえ~ってなってさ、おもしろくてさ、4組目にトータルテンボス出てきて声出して笑ってさ、次に南海キャンディーズ出てきて(えっこれもう優勝じゃん!!!!!!!!)ってなるしょ。この時点で最終決戦の3組決まったわって思ったもん。

でもわたしはアンタッチャブル推しだったから、まだわからん、でもこの3組すげえおもしろかったよな・・・え、アンタッチャブル・・・って少し悲しくなってさ、次に出てきたのがPOISON GIRL BAND。もちろん声出して笑ったよね。今まで知らなかったけど、あの漫才大好きだわ。でも2008年まで見た限りでは、この2004年のが一番好きだった。審査員の大竹さんが絶賛してたところも好き。大竹さんが褒めてると嬉しくなる。

そんで笑い飯。鉄板でおもしろいよね。トータルテンボスPOISON GIRL BAND抜いて3位に。あれ~~この3組かな。頑張れアンタッチャブル・・・! と思ってたらさ、まじでアンタッチャブル常識外におもしろいの。土下座しないところ、本当に「はははー!」って笑ったもん。もう優勝。優勝を確信した。

で、敗者復活戦から来た麒麟が3位で最終決戦進出。序盤でめちゃおもしろいと思ったコンビがごりごりに落ちていく。本当に5組で最終決戦してほしかった。タカアンドトシ笑い飯POISON GIRL BANDを入れてほしかった。6組だわ。6組でやってほしかった。

 

で、最終決戦よ。最初でありえないほどウケた南海キャンディーズ、見てる側があの空気にちょっと慣れたのか、最初の爆発的な笑いはなかった。もちろんめちゃおもしろいんだけど。麒麟も1本目のほうがおもしろかった。で、アンタッチャブル。最高。どちゃくそおもしろい。もうわたしのテンションもクライマックス。ありがとう柴田さん。ありがとう山崎さん。いつかまた2人で漫才してね。

 

この最強の2004年を経て、ブラックマヨネーズで爆笑した2005年。南海キャンディーズが最下位で少し悲しくなった。でもブラマヨやっぱ良かったよなぁ。突っ込みの人が上手な漫才が好き。演技力がすごい。棒読みでおもしろい奇跡みたいな麒麟もいるけど。

 

2006年。これはもうチュートリアルがぶっちぎりでしたね。チュートリアルのためのM-1だった。笑いましたありがとう。

 

2007年。POISON GIRL BANDが最下位で悲しい。2006年も最下位。でも大竹さんは褒める。それが嬉しい。サンドウィッチマンが優勝してハグしてるの感動的で良かったですね。ふくよかなおっさんたちのハグ。だから今ホモホモしいと言われるんだ。

 

そんで2008年ですよ。わたしM-1見たことなかったんですけど、最後の年に笑い飯が優勝するのと、2008年にNON STYLEが優勝するのだけはなぜか知ってたんですよ。笑い飯のは、ずっと優勝できなかったのが最後に優勝して話題になってたからだと思うんですけど、NON STYLEはなんで知ってたんだろう。しかも2008年ということまで。わたしがNON STYLEの漫才好きだから、wikiとか見てて知ったのかな。

 

まぁ、そんな感じでわたしはNON STYLEが好きなので、2008年のM-1をずっと楽しみに見てたんですよ。早く2008年が見たいなって思いながら。

いや~おもしろかったですね。本当に石田さんの動きがツボで。笑った笑った。あと井上さんが痩せてて少しかっこよくて笑った。

でもオードリーの1本目、神がかっておもしろかったな! え、NON STYLEが優勝だよね?? でもこれもうオードリーおもしろすぎない???? ってなったもん。NON STYLE大好きだけど、オードリーが優勝してもおかしくなかった。1本目だけだと確実にオードリーだった。でもNON STYLEが優勝してすごい嬉しい。知っててもなお嬉しい。

 

 

というところで、M-1への思いが燃え尽きた。2004年と2008年のおもしろさを見れて満足してしまった。毎日見てた。残業して帰ってきて睡眠時間削って少しずつ見てた。

笑い飯の優勝見たかった。短期間でずっと見てたから、笑い飯への思いがすごい。優勝してほしい。未来人だから優勝するの知ってるけど、わたしの中ではまだしてないから、本当に優勝してほしいという気持ちがすごい。

 

でも見れない。これから2017年まで順番に見る気力がなくなった。先日まで早くM-1見たくて仕事どころではなかったのに。完璧にNON STYLEの優勝で燃え尽きてしまった。あと、おもしろいもの見たい気持ちが完璧に満たされた。逃げ恥で幸せが満たされ、2001~2008のM-1でおもしろさが満たされた。

 

突然ですが、わたしはホラーが大好きです。いま、また段々シリアスだったり怖いものを見たい気持ちが強くなってしまいました。M-1には一度お別れを告げます。今までありがとう。とてもおもしろかった。わたしは海外ドラマのウエストワールドを見ます。現在2話まで見ましたが、すでに最高です。シリアスさ、怖さが満たされたらまた戻ってくるかもしれません。本当にありがとうM-1。また!!!!!!!!!!

 

 

乾くるみ「リピート」で痛感した推しが死ぬ悲しみ

乾くるみの「リピート」を読みました。

あまりにも興奮したので感想を書きます。ネタバレもごりごりします。

 

わたしは何年か前に「イニシエーション・ラブ」を読んで(あ、乾くるみ合わねえな)と思っていて他作品はまったく読んでいなかったのですが、先日友人と好きな小説の話をしていたときに「えー乾くるみおもしろいけどなぁ。リピートとかすごい良かったけど、そうか合わないか」みたいに言われて、人のおススメは読むべきか・・・と思い買ってみました。

 

 

古本屋で買ったら本の中からブラック・マジシャンが出てきてデュエリストの宿命を感じた。

f:id:umeyum:20180620011224j:plain

 

そもそもなぜ(乾くるみ合わねえな~)と思ってしまったかというと、たぶんわたしが恋愛小説が苦手だからなんですよね。

イニシエーション・ラブも最後はびっくりしたし、すごいと思ったんだけど いかんせんその前段階を楽しんで読めていなかったので(え、このびっくりのためだけにわたしは・・・?)と思ってしまった。これは完璧に苦手分野に挑んだわたしのミス。

 

辻村深月が大好きだけど、やっぱり「盲目的な恋と友情」はダメだったし。人にはそれぞれ好みがある。

 

で、今となってはバカなんですけど、完璧に舐めきって乾くるみ

いや!!!!!!!!!!!! 乾くるみ様の!!!!!! リピートを読み始めたんですよ。バカ!!!!!!!!!!! バカ!!!!!!!!!!!

 

もうね、開始数ページで 数ページで!!!!! (アイヤ~~~~これはもう“おもしろい”やつでは~~~~!?!?!?)となりましたよね。

最高か? 最高なのか?????

 

でもね、わたしのこの(開始早々! すでに! すでにおもしろい!)というのはたびたび外れてもいるのであんまり当てにはならないんですけど。

でもね、リピートは最後までずっとドキドキ。楽しい。かっこいい。

 

主人公は毛利くんという大学生の男の子が主人公なんですけど、ある日突然知らん男から電話がかかってきて「何日の何時何分にどこどこで震度何の地震が起きる」と予言されるんですよ。

で、まあ当たるんですよね。なぜならその風間という男は未来から過去に戻ってきた男だから。ひゅう~~~~~~~~~~~~!!!!!!

 

風間は何度も未来から過去へ行くということを繰り返していて(過去から未来へは行けない。ある未来の一日からある過去の一日への一方通行)その時間旅行に他人9人を連れて行こうと、適当に電話かけた人に予言をした。

 

で、予言を受けた9人は各々信じたり半信半疑だったり完璧信じてなかったりしながらも、時間旅行に行くことにする。つまりリピートですね。

 

毛利くんの他の8人は、

・可愛いOLの鮎美ちゃん

・プロゴルファーの池田さん

・社長の郷原さん

・受験に失敗した坪井くん

・トラック運転手の高橋さん

・研究者の大森さん

・会社員(忘れた)の横沢さん

 

そして!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

我らが天童さん!!!!!!! ヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

天童さんは、身長190cmを超えるスタイルの良さ、いつもスーツ、シナリオライターを生業とするお方です。

わたしはね、天童さんがもう もう!!! もう大好きで。

 

最初は怖いんですよ。口も悪いし威圧感あるし。

でもね~~~~~~~ 何もかもがかっこいい。冷静。頭いい。何もかも任せたらすべてうまくいきそうと思える。

 

みんなね、他人だし別に仲良くならないんだけど、リピートが本当にできた後は謎の一体感が出て普通に仲良くなるんですよ。

毛利くんなんて、鮎美ちゃんと付き合う。まぁ、毛利くんはリピート前から狙っていたんだけど。

でも別にそんなこといいんだ。わたしは毛利くんにはまったく興味ない。

なんか、けっこう大物感があるらしいし、天童さんもなぜか一目置いてるんだけど、それ、主人公補正じゃね~~~~~~~~???? とか思ってた。なぜならわたしは天童さん推しだから。

 

で、リピートできてみんな喜び~~~だったんだけど、リピート仲間たちが続々殺されていくんですよ。

みんなは一度その過去を通ってきてるので、「こんなこと起きるはずないのに! なぜ!?!?!?」ってなる。そういう話。

 

で、なんやかんやあって、もう一度リピートして生き残ってる奴らは安全に生き直すという流れに。少し違うけど、まぁ、大まかにはそんな感じに。

 

 

わたしはさ~~~~~~~ 毛利くんはもう取り残されてもいい またリピートできなくていい でも天童さんは!!!!! 毛利くんを裏切ってもいいから天童さんは無事にもう一度リピートを!!!!! と思っていたんですよ。願っていた。

できると思ったよ。この願いは叶うと思った。

だって完璧に主導権握ってるの天童さんだったもん。池田さんも毛利くんも、リピートできるかどうかは天童さんの判断次第だったじゃん。

 

そうやって油断させておいてさ!!!!!!!!!! なんで天童さん殺すん!?!?!?!?!?!?!?!? なんで!!!!!!!!!!!!!! 許さん!!!!!! 池田許さんぞ!!!!!!!!!!!!!

 

もういっつも!!!! わたしの推しはいつも死ぬ!!!!!!

十角館の殺人」エラリイも!!!!!! 「水底フェスタ」の日馬くんも!!!!! 「マリアビートル」の檸檬も!!!!!! 「屍人荘の殺人」の明智先輩も!!!!! ジョジョ五部のブチャラティも!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みんな!!!!!! みんな死ぬ!!!!!!!

 

もうさ たまに「日ハム応援してるけど俺が球場に応援行ったら負けるからさ~」とか意味わかんないこと言う奴いるじゃん。その気分ですよ。

もしかしてわたしが推しと思ってるから死ぬんじゃないのみんな。他の人が読んでるのとわたしが読んでるの別なんじゃないの。わたしの読んだリピートでだけ天童さん死んでるんじゃないの。

 

でもさ、天童さん本当は生きてるんじゃないまじで。あんなん毛利くんが「もう死んでる」とか言ってるだけじゃん。ほぼほぼ死んでただけで、リピートできたんじゃない? そう思うしかない。天童さんはもしかしたら生きている。

 

で、リピートはもう最高だったんだけど、最後だけ急転直下すぎるなと思った。オチはあれでいいと思う。いいと思うんだけど、スピード感がすごすぎた。そこまでじゃなくていいとわたしは思った。

だけど最高だった!!!! なぜなら天童さんがかっこいいから!

 

前に会社の人が「タイムスリップものは、後に残す人のことを考えていないとダメ」みたいなことを言っていたんだけど、その部分でもかなり良かった。考えたうえで、捨てていく。その点においては、クソみたいだけど毛利くん良かったよ。

 

あと普通に鮎美ちゃん怖かったよ。怖い。

 

 

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天童さ~~~~~~~~~~~~~~ん!!!!!! 天童さん生きててくれ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

8年ぶりにケイゾクを見たけどやっぱり真山さんが最高にかっこいい

大学生の頃、ケイゾクのDVDを持参した友だちに「渡部篤郎がありえないくらいかっこいいから一緒に見よう」と言われて見て「ありえないくらいかっこいいな!!!!」となりました。

ドラマ最終話の 死んだと思っていた真山さんがいきなり起き上がり柴田を抱き寄せる シーンは、一緒に見ていた2人の友だちと叫び、巻き戻し、また抱き寄せるシーンを見て叫び、巻き戻し、を繰り返しました。沸き起こる真山コール。MAYAMA!! MAYAMA!! あんなシリアスな場面なのに、当時は本当に「真山さんかっこいい」という気持ちでしか見ていなかった。

一緒に見ていた女が「わたしも蹴られた~~~い!」とか叫んでたので、たぶんその影響。恐ろしい話だ。

最後ちゅーするところも3回くらい巻き戻して見た。それ以来、「好みのタイプは渡部篤郎です」って言って生きてきました。

 

そして先日アマゾンプライムに入ったのでいろいろとプライムビデオを見ていたらケイゾクがあったわけです。やったーーーーーーーーーーー!!!!!!!

もちろんすぐに見始めたんだけど、前に見たのが8年ほど前だったので結構忘れてるんですよね。ケイゾクは基本的に一話完結型の刑事推理もので、犯人は何となく覚えてるんだけど、まさかの! 肝心の! 真山さんについてすっかり忘れていた!!!!

 

もう、終盤のシリアス真山さんが印象に残りすぎてて、ポップ真山さんを忘れてしまっていた。真山さん、案外感情豊かなんだよな~~~~~~~~~そうでしたそうでした!!!!

柴田さんの奇行にしっかり突っ込むし、嫌だと言いつつ一緒に捜査来てくれるし、刑事魂という熱い話もする! 落ち込んでたら慰めてくれるしな~~~~もしかして100点では???? 100点の人だったのでは??????

 

毎回の冒頭よかったよね。柴田さんが捜査に行こうとして「柴田ぁ~~?」とか「変だよ! 変!」とか突っ込むやつ。

あと、「泊まると必ず死ぬ部屋」のときに柴田さんの頭の匂い嗅いで爆笑するところも大好き。思わず一緒に笑ってしまうよね。くさいもの嗅ぎたくなる気持ち。

それがね、最終回の「頭がくせえ!」でね、まさかの泣かされるっていうね。ぴゃーーーー!!!! あんなに悲しい「頭がくせえ」、二度とないだろうな。

 

前に友だちと「MAYAMA!! MAYAMA!!」ってなりながら見ていたときは、真山さんの部屋が逆に監視されてる~! あたりからよくわかんなくなっちゃったんですよね。だから本当にただ「真山さんがかっこいい話」としてしか見てなかった。今回ちゃんと見たら真山さんつらすぎない? まじで? TSURASUGINAI???????

 

本来ならさ~~~~~ちょっと軽いノリだけど面倒見のいい刑事だったわけじゃ~~~ん?????? つらすぎない????

なんで真山さんと柴田さんにそんなひどいことするん? つらい!!!!!!

でもやっぱりかっこよすぎる! MAYAMA!! MAYAMA!! 鳴り止まない真山コール!

 

最終話の 死んだと思っていた真山さんがいきなり起き上がり柴田を抱き寄せる シーン、1人で見てても5回くらい巻き戻しました。信じられないくらいかっこいいな真山さん。真山徹!!!!!!! ああーーー!!!!!

 

あとさ、あと最高だったのはドラマ特別篇の最後のシーンでさ、刺された真山さんが(本当になんで真山さんと柴田さんにばっかりこんなひどいことするん?)柴田さんに「何、お前目ぇ、覚めたの」って言ってさ!!!! 柴田さんがうなづいたときのさ!!!! あの!!!! 笑顔!!!!!!!!!!! すき!!!!!!!! すき!!! です!!!!!

だって特別篇、それまでずっとつらかった!!!!! 柴田さんとの距離感!!! 退院の日もストーカーみたいに木陰から見守る真山さん・・・つらい!!!!! それがさ、刺されててもよ! 刺されててもあの笑顔!!!! なぜなら柴田さんの目が覚めて記憶が戻ったから!!!!! あああああああああ!!!!! すき!!!!!

 

本当にもう、真山さんに対する感情が複雑すぎて大変なんだわたしは。

SPECで真山さんが殉職したって聞いたときの気持ち。出演してくれなくていいんだ。いいんだよ いろいろあるんだろうから。忙しいとか。破局とか。

でもさ! 殺さなくてもいいじゃん!!! 真山さんを!!!!!!!!! 真山さんを!!! 殺さなくていいじゃんかぁ!!!!!!!

 

なにさ! なんで真山さんと柴田さんにばっかりそんなひどいことする! 真山さんばっかり! なしてよ!! なしてこんなひどいことする!!!

 

ああああ真山さん!!!!!!!

 

 

リメンバー・ミーの感想を聞いてくれ

ミゲルが最高でミゲルが最高でミゲルが最高でヘクターとイメルダたちも最高な映画!!!!

ネタバレするので観てない人はぜったいに何も知らないまま観てな!!!!!!

 

 

冒頭のプロローグみたいなところ

「プロレスラーの派手なパンツだって!」

声めちゃくちゃかわいいな!?!?!?!?!?!?

なに? だれ? だれ? ミゲル~~~~~~~~~~~~~~!!!! あなたミゲルって言うのね!

 

エクボッ! エクボなし エクボッ! エクボなし

エクボッ!↑↑の発音に少しフフってなった。

 

マリアッチ広場のおっちゃん良い奴かよ~~~ギター!!

うちのミゲリートのはじめてのおんが・・・ババア~~~~~~~~!!!! きーさーまぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!! 

 

 ばあちゃんたちと家に帰るときにダンテが追っ払われたところ、ばあちゃんの「サンダルとってきて」が全然おもしろくなくて(え!? す、すべってる!)と驚愕したのだけど、二度目に観に行ったときは結構クスクス聞こえて(え!?!?!? う、ウケてる!!!!!)ともっと驚愕した。

 

そんで、エルネ、エルネ、エルネストーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!! エルネスト・デラクルスーーーーー!!! ひいひいおじいちゃん! アゴ! アゴ遺伝しなくて良かった!

 

エレナおばあちゃんがギター壊したとき、(あーあやったわ。これでミゲル死んでくそほど後悔するやつじゃん)と思った。

もうさ、死者の国に行くのはわかってたから どこで死ぬんだと ミゲルどこで生死を彷徨うはめになるんだとハラハラしてたら

 

盗みて!!!!! 窃盗て!!!!!!

 

 

マリーゴールドの橋キレイーーーーーーーーーーーーーー!!!!

もうこの映像見れただけでも満足 映画館でこれを見れただけで満足感ある

夢があるよね わたしもその世界いきてえって思うもん

 

そしてヘクターね。我らがヘクターですよ。ヘクターーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

橋渡れないところの描写最高だったよね。埋もれるしかないだろうけどさ、そうだろうけど それでも最高だった。

 

このとき、パパ・フリオたちはヘクターに反応してないのよな。

この人だってところまでは知らんのかな。

知ってたらアタフタしそうだよね。

 

そんでイメルダ出た!!! PCを悪魔の箱って呼ぶところとかひいひいばあちゃんみを感じる! 良い!

てかこれって時代的には現代なのか? そこらへんは謎だった

 

許しを与えてもらってそっこーで約束破って戻ってくるのは普通に笑った。

ここは一度目も二度目もウケてた。

 

あと「許し」って言ってたけど字幕だと「祝福」なのかな?

日本で上映する前に海外で観た人の感想では「祝福」って書いてあった。

祝福のほうが何かメキシコっぽい感じはする。イメージだけど。

 

そんでイメルダ以外に許しをもらおうとしたときのさ!!!!!

 ロシータおばさんたちがママ・イメルダにびびって拒否してる感じの中さ!!!!

ヴィクトリアおばさんの!!! 毅然とした断り方!!!!!!!!!!! ヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

「自分の意思です」感よ!!!! あたしゃヴィクトリアおばさん好きなんだ

ヴィクトリアおばさんはサンダルをつくるのが得意

 

 

 「俺ヘクター!」「それは良かった」のところも最高でしたね。

何も噛み合ってない。

ていうか、常にミゲルの声が 声が 声が 声が 声が最高でもう何も言えない。

なにあれ。やばくない? 本当に声変わりしたの? まじで? なんで?

 

「待ってくれ少年!」はぜったい物真似できるようになりたい。

待っ↑↑てく↓れ↑ 少年! あのイントネーション。

 

 

 

骨メイク最高かよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 わたしミゲルの骨メイク好きすぎて 好きすぎてもうアレ。

そんでアレブリヘのペピータちゃん こえ~~~~~~~~!!!!!

足跡まで見えちゃう! 丸見え!

 

ていうか、アレブリヘって普通に使われすぎてて、まあ会話から何となくわかるけど実際何なの? と思って調べてみた。

www.labrava.jp

 

こちらが一番わかりやすかったです。

「ふう~~ん」と思いながら読んでたら唐突に出てくる「ミゲル」。

ええーーーーーーーーーー!!! ミゲル!!!

 

フリーダ・カーロ(ヘクターが女装してるダンサー)が実在の人物だというのは知っていたけど、ミゲルも実在の人から名前取ってたんか~~~い! すき!

ミミミミゲリーーーーーーット!!!!

 

 

 

で、来ちゃいましたチチャロン。

ヘクターがパクったチチャロンの私物の中に大腿骨があって笑った。チチャロンも大腿骨を貸すなよ。

憧れのファニータ。二度目の死。

チチャロンのハンモックにいろんな物が乗ってるのが悲しかった。

 

でもさ!! 憧れのファニータ聴いてるときのミゲル最高にかわいかったですよね!!!!!!!!!!!!!

え? ヘクター歌うん? あ、ここ座ろ。 みたいなさ!!!!!!!! ミゲル!!!!!! 骨メイクミゲル!!!!!!!

 

 

そしてーーーーーーーーーーーーーー!!!!! そして!!!!

ウン・ポコ・ロコ! ヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

もうさ みんなさ 「そ~らの~い~ろは~」を聴いたときに(はっ!?!?!?!?)ってなったよね????????????

やばくない? やばくないミゲル まじ歌うまいとかのレベルじゃなくて本当に生まれてきてくれてありがとう・・・・・・・・・・・・

 

盛り上がってる観客の骨たちと一緒にわたしもクライマックスになってた。

ヘクターが「ミミミミゲリート!」って言ってるのも もう もう もう言葉にならない。ありがとう ありがとう。ありがとうミゲル ありがとうヘクター。

 

 

ヘクターとミゲル(最高)のケンカするところ

わたしここのミゲルだけは少し許せなくてよぉ

ダンテに暴言を 暴言をはくじゃないですか ひどい。ダメ。

ダンテのあの悲しそうな顔

 

しかも、ミゲルこれ最後まで謝らないんですよ。

「いい子だぞ!」とかは言うんですけど その前に「ごめんね」でしょミゲル! めっ! いつかおしりぺんぺんしに行くからな!

 

イメルダの歌 あのときイメルダぜったい柵の間すり抜けられただろ 骨だし

 

 

そんでよお

きましたね 「みな~さん ようこ~そ こんにちは こんばんは」

!?!?!?!?!?!? ひゅう~~~~~~~!!!!!!

「こんにちは! こんばんは みなさ~ん ようこ~そ」

ミミミミゲルゥーーーーーーーー!!!! やっぱりお前は最高だ。

 

あの あの あのハモリ

流れてるエルネストの歌とミゲルのハモリ!!!!!!!!!!!!

「音楽は僕の心 どこへだぁ~~~って~~~~!」だと思ったら「音楽は僕の心~~~~の声だぁ~~~~あああ~~~~!」だった。

これ再現できないよ 意味わからない音程 ハモリ ハモリ ミゲルミゲルミゲル。

 

おんが~くは ぼく~のワァ!!!!(ドボン)

ここ みんな絶対真似するでしょ

 

 

これ歌ってるときに 「聴いて~くれ~る みんなが 僕~のか~ぞく~さ~」で悲しくなった。エレナおばあちゃんたち。イメルダ

 

 

再びの エクボッ↑↑ エクボなし

孫の孫なんだ~~~~! ほのぼの

エルネストが花火に喜ぶところいいよね

 

 

ヘクターがフリーダ・カーロに変装してパーティ会場へのゴンドラ乗ったときに、ようやく(あ、ヘクターがひいひいおじいちゃんじゃん)って気付いた。

みんなどこで察した?

 

でもヘクター殺されてたとは露ほども! 露! ほど! も! 

回想シーンの「チョリソーじゃないか?」は笑った。

 

 

でさーーーーーー!!!! ヘクターに謝ってさぁ! ヘクターには謝れるんだよな。今度ダンテにも謝っておいてねミゲル。

 

そんでさーーーーーーーーー!!! ヘクターのさ! リメンバー・ミーですよ。

俺のココ!!!!!!!!!!!!!!

最後の「ミー・・・・」はヘクターだけで歌ってるのせつねえよな。

あとココの声かわいすぎません? ミゲルに次いで。

でもココ幼さのわりに結構しっかり歌えるんだなって思った。

 

ていうかリメンバー・ミーって邦題まじで優勝だよね。

umeyum.hatenablog.com

 

 

いきなりかわいくなるペピータちゃん こわくない もうこわくない

ペピータちゃんに乗ってるイメルダの笑い方よかったよね ミゲルを見おろしながらにこやかなやつ

からの「ヘクター」(くそ嫌な顔)

 

ダンテとも再開 ミゲルは謝らないけど、でもダンテは嬉しそうだからいいか。

ダンテ飛ぶところは少し笑った そんな王道のやつ

落ちたーーーーーーーーーーーーー!!! からの、いるやつ

 

 

ここからはヘクターはもうずっとかわいい おっさんなのに 意味がわからない

かわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ペピータちゃんから降りるときの、手!!!! イメルダへのエスコート!!!

 

そしてさ、ミゲルがヘクターは悪くなかったんだよ! と言ってるときのさ、あの「しゅん」とした顔!!!!!!!!!! ヤーーーーーーーーーーーー!!!!

帽子持ってさ! しゅんとしてさ! ヤーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

ココが忘れかけてて消えそうなヘクター

もうさ、倒れるところヒロインじゃん もうヒロインだったヘクターが。

 

 

で、オスカルおじさんとフェリペおじさんが案外好戦的だったところを経て

 

経て!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

イメルダの!!! 哀しきジョローナ!!!!!!! ああっ!!!!!!

 

 

最高か? 最高なのかイメルダ???????

エルネストが入ってくるところもすげえ良かった。エルネストお歌は上手なんだよな、ヘクターよりも。わたしの好みか?

 

 

イメルダとヘクターがいい感じになってほっとするも、するも、

ミゲルーーーーーーーーーーーー!!!! すげえあっさり落とされて逆にびっくりした。逆に。逆に!!!!!!!

 

エルネストがステージに戻ったときの空気、イイイイイイイってなった

いたたまれなくて リメンバー・ミー歌って即たまご投げつけられたところとか

 

 

でも観客が「見て!」って言ってミゲル戻ってきたときの一体感良かったよな

わたしもあそこにいて「ひゅう~~~~~~~~~!!!!!」って喜びたかった。

 

 

 

でさ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

ここからよ。もう、ヘクター倒れててさ~~~

ミゲルが「嫌だ!」って泣いてるんですよ。わたしも号泣。すでに。すでに号泣。

 

でも、イメルダの「条件なしでね」は余計だよ思った。わかってるよそんなことは!

 

 

しかし しかしすでに号泣であるにも関わらず 関わらず!

なんなんだママ・ココーーーーーーーーーーーーー!!!

ミゲルが思い出させようとしてるの見てさ、もうわかってるじゃん

(ああ、ここでリメンバー・ミーね)ってわかるじゃん

なのに悲しいんだよ!!! ココ、ヘクターを思い出してぇぇぇぇってなるの! なぜ?

そして「リメンバー・ミー」というタイトルの良さよ。ありえん。ありえん!!!!!!!!!

 

ていうか、ココの皺!!! 皺! えっやば 皺だけ実写じゃん

ママ・ココの皮膚だけ実写 皮膚実写

 

 

エレナおばあちゃんを今回は止めてくれたお父さん お父さんありがとう

 

 

来ますよ それでは来ますよ とうとう来ますよ

 

 

「りめ~んば~みぃ~~~~」

ああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

もう力技 泣かせ方が力技なんだよピクサー

わかってたんだよ この流れ全部わかってたけど ありえない量の涙。意味がわからん。

 

 

そんで油断させておいてさ

このリメンバー・ミーで号泣ゾーン終わりだと油断させておいてさ

 

「音楽はいつまでも」やばない?

やばくない? YABAKUNAI?????

 

何がってもうさ、ヘクターよ。

ヘクターが写真飾ってあるって判明してさ! マリーゴールドの! 橋を! 渡るときの! あの! 表情よ!!!!!!!!!!! ヤーーーーーーーーー!!!!!!!

 

なにあの表情 もうここが一番泣きました ヘクターよ まじヘクター

そんで後ろではミゲルの最高の歌が流れてるわけでしょ?

 

最高の情報量が多すぎてパニックですよね 歌詞といい、家族が楽器弾いてることといい、少し成長したっぽい歌い方といい

パニックのまま「Fin」とか出てさ こっちまだ狂ってる状態なのに

 

もうありがとう ミゲルありがとう ありがとうミゲル

ヘクターイメルダありがとう・・・

 

 

 

もうすぐ公開終わるから、最後にもう1回観に行こうかな

みんなにサントラ貸したい 海外盤のウン・ポコ・ロコと哀しきジョローナの良さよ。

 

f:id:umeyum:20180509180524j:plain

 

 

 

DVD出たらみんなで観ようね。

 

 

リメンバー・ミーという邦題の素晴らしさ

リメンバー・ミー観ましたか? 最高の映画でしたね。

ネタバレするので、観ていない人はぜったい読まないで何も知らないまま観に行ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなどこで一番泣きました? わたしはね~~~~~最後ヘクターがマリーゴールドの橋を渡るところ~~~~~!!!!!!

 

ミゲル(最高)とココのリメンバー・ミーですでに限界突破だったのに、最後油断してたところでヘクターのあの!!! あの顔ですよ!!!!!!!!! ヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

死ぬよね。何かしらの感情で。

 

 

 

感想とかはまた改めて書くとして、リメンバー・ミーってタイトル素晴らしすぎません? こんなんもう優勝じゃん。

 

わたし初回は母親と観に行ったんですけど、その帰りにドヤ顔で「ピクサーって原題そのまま持ってくるよね。ほら、トイストーリーとかバグズライフとか全部英語じゃん」って語ったんですよ。

リメンバー・ミーピクサーじゃなかったら日本語のタイトルにされてたんじゃないかな」ってドヤってたんです。

 

母親は全然違う方向見ながら興味なさそうに「私を思い出して?」とか言ってました。

 

 

で、その後Twitter見てて気付いたんですけど、「Coco」でした。

原題は「Coco」でした。リメンバー・ミーの原題、「Coco」。

リメンバー・ミー」は邦題。

 

恥ずかしいし恥ずかしいし恥ずかしいしドヤったのが実の親でまだ良かった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!

 

ていうか、「カールじいさんの空飛ぶ家」とか「レミーのおいしいレストラン」もピクサーだわ。普通に日本語タイトルあるわ。

ま~たわたしのオチャメなところ出ちゃったな。早とちり。

 

 

Cocoはもちろんひいおばあちゃんのココのことで、ココがめちゃ重要だってことはわかってるんだけど、でもリメンバー・ミーってタイトル見たら圧倒的にリメンバー・ミーのほうが好きだなわたしはーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

 

なんかもうさ、ヘクターが「俺のココ・・・」って言ってからのリメンバー・ミーがずっしり来るじゃん。

どこがどう素晴らしいとか言えないんだよ このタイトルの良さ。

リ、リ、リメンバー・ミー・・・! 好き、良い・・・! としか言えないんだ。

 

ヘクター「リメンバー・ミー

わたし「そのとおり」みたいな感情なんだよ。

 

 

なんかさ、モアナのポスターが女性軽視でどうのこうの、日本スタッフはどうのこうのみたいな話あったけどさ、リメンバー・ミーって邦題見てみ?

最強じゃん。世界制覇だよ。

 

リメンバー・ミーってタイトルつけてくれた人ありがとう~~~~~~!!!! うえ~~~~~~~~~~ん!!!!!!!!!!

 

 

ということで最高の映画リメンバー・ミーはタイトルでより最高になってるって話です。

あと5000回観に行きたいね。

 

 

Wi-Fiがない間していたこと

4月はじめから2週間ほど、Wi-Fiがつながらないまま生活していた。

普段わたしは家に帰ったらゲームをして、ゲームをして風呂に入って、ゲームをして眠るという生活をしているのでWi-Fiがないと何をすればいいのかわからなくなってしまった。

 

ということもなく、普通に楽しく過ごせた。

いつもはゲームのマッチング中にせかせか読み進めていた本をゆっくり読んだり、スマホのマンガアプリで普段は読んでいないものを1話から最新話まで読んだりした。

 

ピンチだったのは、何も考えずにスマホを使っていたこと。

映画「リメンバー・ミー」が最高すぎたので、ひたすらyoutubeリメンバー・ミーの楽曲を流していた。

そっこーで通信制限ギリギリになった。

あとスマホゲーム。アビスリウムやりすぎた。

でもデイリーはクリアしないといけないし・・・1日5000回画面をタップしないといけないし・・・。

 

そんなこんなで、とりあえずリメンバー・ミーを聴くのは諦めて、何か違うことをしようと考えた。

 

わたしの家はテレビ線をつないでいないので、ゲームをするかリメンバー・ミーを流さないと無音になる。

なので、ネットのつながっていないPS4で永遠と最高の映画「ジュラシックワールド」を流すことにした。

 

なぜなら、英語を喋れるようになりたいから。

以前、英語ペラペラの従姉妹に「勉強しないで簡単な英会話を覚えたいんなら、学園ものの海外ドラマをセリフ暗記するまで見な。それで何て言ってるかわかるようになったら喋れるようになってるから」と言われたことがある。

でも学園ものはあまり好きではないので、すでにほぼセリフを暗記しているジュラシックワールドを常に流すことにした。

 

従姉妹が学園ものを勧めた理由は「家族、友人、先生(目上の人)という実生活で関わるすべての人との会話が入っているから」なんだけど、それ以外にもやっぱり学園もので見なきゃダメだなというか、ジュラシックワールドじゃダメだなと思うことが多々ありました。

 

ジュラシックワールドは第一に、みんな早口。

だって命かかってるからね。ゆっくり喋れないって。

 

セリフはほぼ暗記してるから映像を見ると何の話をしてるのかはわかるんだけど、英語がまったく聞き取れなかった。

DVD流し始めて3日目あたりで、絶対におかしいだろって思い始めた。

「恐竜がそこにいる!」ってセリフで「ウチュチュウィキュー!」なんて言わないだろと思って、試しに音声も字幕も英語にしてみた。

 

 

ウチュチュウィキュー! なんて言ってなかった。

with you! のところがもうね、ウィキュー! にしか聞こえないのよ。

 

 

イッカレフォン!!!! ってのも絶対おかしいだろと思って。

「擬態だ!」ってセリフで「イッカレフォン!」って言わないだろって。

 

 

言ってなかった。

 

 

カモフラージュを早口で叫びながら言うとカレフォン!! に聞こえるらしい。

ていうか、これを聞き取れたところで「擬態だ!」って口に出す機会は永遠にないだろうな。

 

それと、基本的に「Run!!」とか「Now!!!」とか単語で伝えてくる。

長々と話している時間ないからね。恐竜に食べられちゃうし。

今後とっさに「逃げて!!!」って言う機会もないだろうな。使いどころないな。

 

というわけで、やっぱり勉強せずに英会話を覚えたいんなら学園ものを見るべきだと思いました。

 

あとは、ジュラシックワールド流しながら塗り絵してた。

おそらく15年ぶりくらいの塗り絵。

f:id:umeyum:20180416154501j:plain

100均で買ってきた。どうぶつの気球を塗る気にはなれなかった。

でも案外楽しいので、最終的に睡眠時間削って塗り絵するはめになりました。

 

今後はゲームのマッチング中に塗り絵しようと思います。

 

『ぼぎわんが、来る』実写映画化やったね

澤村伊智さんの『ぼぎわんが、来る』の実写映画化が決定しましたね。

主演は我らが岡田准一さん。ひゅう~~~~

 

わたしぼぎわん大好きなんですけど、映像化するなら2作目の『ずうのめ人形』のほうがいいんじゃないかな、と思っていて。

もともと映画のためにつくった話じゃなくて、ホラー小説を映像化するってなったときに、小説だからこそ怖い話と、映像化したときにより怖くなる話ってあると思うんですよ。

まぁたいがい小説だからこそ怖いんだけどさ。文字で読むことを前提にしてるんだから。

 

ただ、例えば日本ホラー界の伝説「リング」は映像化でより怖くなったと作品だと思います。

 テレビから出てくるところとか、映画にしかないからね。原作読んだとき貞子がテレビからニュルってならなかったのでびっくりした。

あと、副監督? だっけ? の人がまつ毛全部抜いた話も有名ですよね。

 

原作はなんか謎解き要素が多くて段々貞子の真相がわかっていくのがとてもおもしろかった。映画はただただ怖かった。どちらもサイコーかよ。

あと主題歌が普通に明るい歌なところもお気に入り。

 

で、ぼぎわんは、そのビジュアルが想像だからこそ怖いと思うんですよ。

実際に見えたら、少し滑稽に思えてくるのではと心配。口のでかさとか。

個人的に、ぼぎわんは小説だからこそ怖くて、ずうのめはビジュアルで見たときにより怖くなるのかなと。

日本人形ってなんかもう怖いし。

 でもデビュー作だし、同じキャラも出るしまずはやっぱぼぎわんからじゃないとダメなんだろうな。

監督は中島哲也さんだから演出とかでゴリゴリ怖くしてくれそうだしいいか。

 

あとは、ぼぎわんのあの三部に分かれている感じをどう映画にするのか楽しみ。それともしないのかな。ずっとあのイクメン男を中心にやっていくのかな・・・でもそれじゃ根本が違うしな・・・

と今からいろいろ楽しみに考えています。

 

ぜったい映画館で観ようね。