ドリームの日記

社会の荒波に負けた。

わたしのM-1ブームが2008年で終わった

最近アマゾンプライムビデオでずっとM-1を見てました。なぜなら、ただただおもしろいものが見たかったから。先日まではとにかく幸せだけが詰まってる話が見たくて、逃げ恥を見てました。まじで幸せしかなくて良かった。大した波乱がない。そういうのが見たか…

乾くるみ「リピート」で痛感した推しが死ぬ悲しみ

乾くるみの「リピート」を読みました。 あまりにも興奮したので感想を書きます。ネタバレもごりごりします。 わたしは何年か前に「イニシエーション・ラブ」を読んで(あ、乾くるみ合わねえな)と思っていて他作品はまったく読んでいなかったのですが、先日…

8年ぶりにケイゾクを見たけどやっぱり真山さんが最高にかっこいい

大学生の頃、ケイゾクのDVDを持参した友だちに「渡部篤郎がありえないくらいかっこいいから一緒に見よう」と言われて見て「ありえないくらいかっこいいな!!!!」となりました。 ドラマ最終話の 死んだと思っていた真山さんがいきなり起き上がり柴田を抱き…

リメンバー・ミーの感想を聞いてくれ

ミゲルが最高でミゲルが最高でミゲルが最高でヘクターとイメルダたちも最高な映画!!!! ネタバレするので観てない人はぜったいに何も知らないまま観てな!!!!!! 冒頭のプロローグみたいなところ 「プロレスラーの派手なパンツだって!」 声めちゃく…

リメンバー・ミーという邦題の素晴らしさ

リメンバー・ミー観ましたか? 最高の映画でしたね。 ネタバレするので、観ていない人はぜったい読まないで何も知らないまま観に行ってほしい。 みんなどこで一番泣きました? わたしはね~~~~~最後ヘクターがマリーゴールドの橋を渡るところ~~~~~…

Wi-Fiがない間していたこと

4月はじめから2週間ほど、Wi-Fiがつながらないまま生活していた。 普段わたしは家に帰ったらゲームをして、ゲームをして風呂に入って、ゲームをして眠るという生活をしているのでWi-Fiがないと何をすればいいのかわからなくなってしまった。 ということもな…

『ぼぎわんが、来る』実写映画化やったね

澤村伊智さんの『ぼぎわんが、来る』の実写映画化が決定しましたね。 主演は我らが岡田准一さん。ひゅう~~~~ わたしぼぎわん大好きなんですけど、映像化するなら2作目の『ずうのめ人形』のほうがいいんじゃないかな、と思っていて。 もともと映画のため…

銭湯に置いてあるマッサージチェアは気持ち良いのか?

先日、3年ぶりくらいに銭湯に行った。 ていうか、人生において銭湯に行くのは3度目くらいだと思う。 あまり行く機会のない銭湯。 でも楽しい~~~のな! なんか手ぶらセットというのがあって600円でタオルとか洗顔とかつけてもらえた。 基準知らんから高い…

なんでもないけど覚えてること

なんでもないけどなんかずっと覚えてること せっかくだから記録しとこうと思います。いつか見て懐かしむ用に。 ■小学生のとき 毎朝友だちが家まで迎えに来てくれてたんだけど(ピンポンを押して勝手に玄関に入って待っててくれる)待たせてるから急いで玄関…

水魑の如き沈むものを読んだ

三津田信三さんの「水魑の如き沈むもの」を読みました。 刀城言耶シリーズですね。 「首無の如き祟るもの」の次に好きかもしれないなと思った。 あーーーでも厭魅好きだなーーーーーーーーーーーーーーーーーー なんか、いろんなブログ見てみるとホラーじゃ…

ジュラシックワールド 炎の王国の予告みた?

最高の高でしたね。 オーウェンとクレア、結局その後別れてたんかい! から始まり、ブルーはまだ生きている。 ブルーはまだ生きている!!!!!!! ブルーちゃん!!!!!!! 育ての親でしょ? のところで出てくるラプトルの子どものシーン、10回以上巻…

墓地を見おろす家を読んだ

小池真理子さんの「墓地を見おろす家」を読みました。 サイコーの本です。 若い夫婦と小さい娘がマンションを買って引越したところから始まります。 主人公は妻の美沙緒。子どもの名前は玉緒。カワイー。 あと、犬と鳥もいる。クッキーとピヨコ。カワイー。 …

あやかしの人魚が楽しかった話

先日、池袋サンシャイン水族館でやってるお化け屋敷「あやかしの人魚」に行ってきました。 あれね、夜だけお化け屋敷とコラボするやつね。 去年もやってたけど行けなかったのでリベンジしたのだ 嬉しすぎ。 お化け屋敷プロデューサーとして有名な五味弘文さ…

ジュラシックワールド2が待ちきれないからジュラシックワールドの話をする

来年2018年に待望のジュラシックワールド2が公開予定ですね。 オーウェンとクレアの主人公コンビが続投とあってはちゃめちゃに楽しみです。 でもザックとグレイは出ないっぽいんだよなぁ 残念すぎる。 サプライズでメインキャストにしれっといてくれないかな…

作者不詳 ミステリ作家の読む本(下)を読んだ

三津田信三さんの「作者不詳 ミステリ作家の読む本(下)」を読みました。 全部で7作の短編が収録されている迷宮草子。上巻では第4話まで進みました。 下巻最初の話は「朱雀の化け物」。 最高です。迷宮草子の中で一番好きな話。 よくわからない男が、古いお…

作者不詳 ミステリ作家の読む本(上)を読んだ

三津田信三さんの「作者不詳 ミステリ作家の読む本」を読みました。 上下巻あるので、まずは上のお話から。 忌館、作者不詳、百蛇堂(蛇棺葬も)は作家三部作と呼ばれていて、全部主人公が三津田信三さん。編集者であることとか、友人の名前とか同僚のことと…

忌館 ホラー作家の棲む家を読んだ

三津田信三さんのデビュー作、「忌館 ホラー作家の棲む家」を読みました。 三津田さんの小説で最初に読んだのは「七人の鬼ごっこ」。本当は「怪談のテープ」がほしかったんだけど売ってなくて、代わりにタイトルの怖さがピカイチだった「七人の鬼ごっこ」を…

ししりばの家を読んだ

澤村伊智さんのししりばの家を読みました。 デビュー作の「ぼぎわんが、来る」から「ずうのめ人形」、「恐怖小説キリカ」と全部楽しく読んでいたので待望の4作目でした。 恐怖小説キリカだけは人間が怖い系のお話なので、ホラーシリーズとしては3作目。ぼぎ…

盲目的な恋と友情を読んだ

辻村深月さんの盲目的な恋と友情を読みました。 もともと辻村さんは好きだったのだけど、久しぶりに読んだ気がする。 ただ、これは恋愛(と友情)がテーマなのでつらかった。 なぜなら恋愛小説が本当に苦手だから・・・。性格悪いやつとか、すれ違いとか、ライ…

ロストワールド(上)を読んだ

ジュラシックパークの続編、ロストワールドの上巻を読みました。 わかりきっていたが、最高~~~~~!!! もちろんロストワールドも映画化されていて、わたしは何度も観ているのだけど、映画も小説もマルコム博士が主人公なんだよね。 一番大好きなマルコ…

ジュラシックパーク原作を読んだ

ジュラシックパークの原作(上・下)を読み終わった。 最後のほうは終わってしまうのが悲しくてすげえゆっくり読んでた。 もともと映画が大好きだったんだけど、本を読んでみると、やっぱり2時間じゃ収め切れないところがあるんだなってわかりました。 たと…

ジュラシックパーク原作を読んでいる

最高な映画ジュラシックパークには原作があります。 ずっと読みたいなと思っていて、ようやく買いました。まだ下巻を読んでる途中だけど最高なので今の時点の感想書くよ!!!!!! 書きたいこと全部書いたら長くなるので、今回はじいちゃんのつくったパー…

ジュラシックワールド2にマルコム博士出演決定ありがとう・・・!!!

今月のはじめ、ジュラシックワールド2にジェフ・ゴールドブラムが出演決定という記事を見て職場で踊りました。 約1ヶ月たっても興奮が治まらないのでいろいろ書きます。 わたしは、ジュラシックパークでは断トツでマルコム博士が好きなんです。 主人公のグラ…

ハサミ男を読んだ

殊能将之さんのハサミ男を読みました。 最高&最高でした。なぜ今まで読んでいなかったんだろうな。 ネタバレ。 ハサミ男と呼ばれる連続殺人犯目線が多い話なんだけど、やっぱり主人公補正ってあるので、ハサミ男応援したくなるんですよ。 捕まらないで! っ…

斜め屋敷の犯罪を読んだ

島田荘司さんの斜め屋敷の犯罪を読みました。 前に感想を書いた、星占術殺人事件のシリーズです。 御手洗さんと石岡くんにまた会えたよ!!! 登場するのが話の後半なので、御手洗シリーズということを忘れかけてたけど、ちゃんと出てきた! よかった! ハマ…

吸血の家を読んだ

二階堂黎人さんの「吸血の家」を読みました。 蘭子ちゃんと黎人くん兄妹を中心に起こるミステリーです。作者の名前が重要なキャラに使われているの良いよね。 辻村深月さんとか、伊坂幸太郎さんとかのが好きだったな。名前使うやつ。(有栖川さんは未読) 事…

星占術殺人事件を読んだ

先日、島田荘司さんの星占術殺人事件を読みました。 この本を貸してくれた人には「殺人事件が3件起きるんだけど、犯人が全くわからない。第三の殺人を起こすのはこいつしかいないだろ!ってやつは、第一の殺人でとっくに死んでる。消去法で犯人を絞り込むの…

十角館の殺人を読んだ

先日、綾辻行人さんの十角館の殺人を読みました。 ストーリーは 犯人の独白(絶対あいつら殺してやる復讐じゃ・・・的なの。もちろん名前も性別もわからない)から始まる。 そんで大学の推理小説研究会の7人が行く、無人島の十角館が舞台になります。 もうさ、…

恐怖小説キリカを読んだ

澤村伊智さんの長編3作目、「恐怖小説キリカ」を読みました。 澤村さんの1作目「ぼぎわんが、来る」も2作目の「ずうのめ人形」も大好きだったので、「恐怖小説キリカ」は書店で予約してゲットしていました。読み終わったのは結構前なので少し曖昧です。 ぼぎ…

屍鬼(三)を読んだ

小野不由美さんの屍鬼の続きを読みました。 ここらへんから夏野くんのお父さんがだんだんポンコツになっていきます。 最初のうちは村人ともちゃんと仲良くやって、夏野くんの気持ちは少し理解してあげられてないなと思ってはいたものの、ユーモアのある普通…